#188 草場 拓也

20175月より掲載した支部便りですが、国内外で活躍されている田園ラグビースクールのOBコーチにお願いし、合計9名のOBコーチの皆さんに寄稿頂きました。田園ラグビースクールでの思い出、国内外のラグビー事情、海外での田園ネットワークをご紹介頂き、スクールHPのキラーコンテンツになった(?!)との噂です。ご協力いただいたOBコーチの皆様、本当にありがとうございました。

今回の支部便りのきっかけは8年前の2010年に遡ります。当時、長男とともに田園ラグビースクールにお世話になっていたのですが、急遽アメリカに駐在となり、折角始めたラグビーを続けられないなと思っていたところ、永田統括(現校長)にニューヨーク駐在中の中山コーチ(8回支部便りご参照)を紹介頂きました。着任後、中山コーチとは家も近所ということが分かり、更には近所にラグビースクールがあるよとOGRCCというラグビースクールで紹介してもらい、グローバルに広がる田園ラグビースクールのネットワークの素晴らしさを身をもって感じました。

OGRCCはニューヨーク郊外のコネチカット州グリニッチにあるクラブで、ヨーロッパや南米の出身者や駐在員が多く、日本人は我が家と中山家のみ。日本から離れたアメリカの地で、同じチームに所属している唯一の日本人が田園OBということで、息子たちは誇らしそうであったことを思い出します。その後、中山兄弟は地元の高校のラグビー部でも活躍し、そんな田園の先輩が身近にいることで、息子たちもアメリカでラグビーを続けることが出来、現在は再び田園ラグビースクールで練習に励んでいます。

この支部便りを通じて、国内外で活躍するコーチ、OBを少しでも身近に感じてもらい、この田園ラグビースクールのネットワークが広がっていくことを祈念し、編集後記とさせて頂きます。

OGRCCのメンバーと

田園OBの中山君と長男 OGRCCで練習に励む次男