5/26 緊急事態宣言解除に伴うスクール活動再開に向けて

田園ラグビースクール
選手・保護者・コーチ各位

校長の永田です。
皆さまご存知の通り、
5/25に日本政府から新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う「緊急事態宣言」が
47都道府県にて全面解除となりました。
これに合わせ、当校の所属する神奈川県ラグビー協会普及育成委員会より、
スクール活動再開に関する示達が参りました。

内容を要約いたしますと
『練習・試合・遠征・合宿等については、室内外を問わず5月31日までは<全て中止>。
それ以降も6月30日まで、もしくは、神奈川県を含む首都圏の学校が再開し、
かつ日本協会及び関東協会からの活動再開に関する指導に即して
練習活動が出来るまで、引き続き自粛(実質活動禁止)。』
というものです。

田園ラグビースクールと致しましてはこのルールを遵守し、引き続き6/30までは活動禁止し、
もしもそれ以前に上記条件がそろった場合に限り、活動を再開することと致します。

以下に、神奈川県協会からの示達を原文通り添付いたします。
ご一読いただき、主旨ご理解いただきます様どうぞよろしくお願い致します。

なお、田園ラグビースクールとして練習再開に向けて準備・整備すべき事項につき、
緒方副校長(事務局長)より皆さまに別途お知らせいたしますので、こちらも必ずご一読願います。
皆さん、もう一息です!力を合わせて頑張りましょう!

永田拝

⇒⇒⇒(県協会示達原文)

重要・要内容確認
————————————————————————
普及育成RS担当事務局連絡メール 2020.5.25.号
————————————————————————-
各スクール校長、事務局各位

お世話様です。
本日、日本政府から発出されました新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う「緊急事
態宣言」47都道府県全面解除に伴い、

スクール活動の「新しい生活様式」に即した段階的再開等について、以下連絡致します。
非常に重要な事項が含まれますので、
各スクール内で内容共有の上宜しく対応ください。

本日の緊急事態宣言解除に伴う今後のスクール活動再開について>
本日政府により、47都道府県の緊急事態宣言が解除となりました。

しかしながら、世界的には感染拡大終息は未だなされていない状況です。
ついては、普及育成委員会RS担当として引き続き以下の対応を
全スクールに要請いたします。

【スクール活動】

練習・試合・遠征・合宿等宿泊などを伴う活動及び宿泊を伴わない集団行動については
室内外を問わず5月31日までは、全て中止願います。
また、それ以降も6月30日まで、もしくは、神奈川県を含む首都圏の学校が再開し、
かつ日本協会及び関東協会からの活動再開に関する指導に即して練習活動が出来るまで、
引き続き自粛(実質活動禁止)をお願い致します。

既に前回の一斉メールで述べました通り、

専門家会議の提言による「今後の新しい生活様式」では、
外出はマスクを着用、遊びにいくなら屋内より屋外を選ぶ、
人との間隔はできるだけ2メートル、最低1メートル空ける、
手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う、
発症したときのため誰とどこで会ったかメモしたり
スマホの移動履歴をオンにするなどとしています。

日常生活での買い物は通販や電子決済を利用し、計画をたてて素早くすます、

食事の際には料理に集中、おしゃべりは控えめにとしています。
公共交通機関利用についても、引き続き混んでいる時間帯は避けると同時に
徒歩や自転車利用も併用することを呼びかけています。
さらに、スポーツなどで人とすれ違うときは距離をとるマナーを呼びかけています。
専門家会議はこのほか社会経済活動を再開するにあたっては
業種ごと作成されたに感染拡大を予防するガイドラインに基づき対応することを
強く求めております。

今回のケースは、スクール生のみならず、ご父母、その他ご家族

及び指導者並びにそのご家族と関係者の生命にかかわる重大な問題です。
状況を十分ご理解の上、活動自粛遵守を引き続きお願いします。
 
また、コーチ同士の飲み会などの開催についても、
上述の「新しい生活様式」に即した対応を遵守願います。
また、これまで同様この期間緊急性のない情報を全てのSNSで公開することについては、
これまで同様に自粛を要請します。
 
さらに、この状況下で7月中旬以降各スクールとも夏合宿が計画されていると思いますが、
参加スクール生、ご父母、指導者の意見を踏まえ、延期・中止等の判断を検討ください。
なお、実施の場合には、実施に至る条件を可能な範囲で事務局まで情報提供願います。
現時点で、上田市菅平高原観光協会は、
HP上で県外からの訪問自粛を強く要請している状況ですので、
その点も踏まえて人命第一の適切な判断をお願いします。
一方、普及育成委員会RS担当ににおける役員会、評議委員会、各種部会等
3密状態になる会議は、引き続き6月30日(火)まで全て中止とします。
よって、これらの会議再開は、早くとも7月以降となりますので宜しく了承ください。

繰り返しとなりますが、

新型コロナウイルス感染症のワクチン、完治可能な治療薬が提供されない限り、
ヒトとヒトの間を2メートル離すことが求められることになります
よって、これまで通りの社会生活へ戻ることは現状でもかなり難しいと考えるべきです。
このことを十分認識の上で、
スクール活動を含めて新たに社会生活を行う必要があることを改めて認識ください。
なお、県大会他2020年度のスクール行事の実施の可否については、
役員会及び各部会で検討の上、評議委員会(バーチャル会議も有り得ます。)の了解を経て
決定させて頂きたいと考えております。

最後に、非常事態宣言解除後も「新しいい生活様式」への対応を遵守し、

感染第2波への備えを十分に考慮した対応を宜しくお願いします。

以上
———————————————
神奈川県ラグビーフットボール協会
普及育成委員会RS担当
委員長 山藤 哲郎
委員長代行
副委員長・事務局長 牧野 義之
———————————————–