重症事故発生時対処フロー(下記をクリックで詳細が表示されます)

<重症事故(※)発生時の対応方法>
① スクールドクターの判断を仰ぐ。
② スクールドクター不在時は、自己判断せず、医療機関で受診(必要に応じて診断書受領)を受ける。
③ 頭部への衝撃が発生した際には、速やかにプレーを中断し脳震盪のチェックを行う。
④ 事故発生時は速やかに担当学年ヘッドコーチに連絡する。
※重症事故基準:脳震盪及びその疑い・熱中症・その他とする。

 

傷害発生時における保険金等請求方法(下記をクリックで詳細が表示されます)

<保険金等請求方法>
① 練習中、試合中にケガをした場合にはヘッドコーチに必ず連絡する
② ケガの際に請求可能な保険・傷害見舞金は以下の二つ
a 日本協会の傷害見舞金 (骨折以上の怪我:こちら参照)
b スクールとして加入しているスポーツ安全保険(東京海上日動火災保険株式会社)
③ 保険請求にあたっては、ヘッドコーチへ連絡の上、事務局より申請書類を受け取り対応
④ ②のa,bのいずれも医師の診断書が必要 (保険金 < 診断書作成費用の場合は、結果として利用できない)